格安SIMを申し込むにあたって必要な物 クレジットカードなどを準備

 

毎月のスマホ料金が気になり、IIJmioをはじめとする格安SIMを検討する時に、気をつけなければならないことがあります。

きんぎょ君

きんぎょ君
最低限用意しなければならないものがあるのです。

大手キャリアと契約されていた時には、たいていのことはリアル店舗に相談に行けばなんとかしてくれました。

しかし、格安SIMにはリアル店舗がありません。基本的に手続きは自分で行わなければならないのです。

この記事では、格安SIMに切り替える時に必要なものを確認していきたいと思います。

 

MNP手続きに必要なもの

1-1 本人名義のクレジットカード

以外に思われるかもしれませんが、格安SIMの利用料金の支払い方法は、クレジットカード一択です。それ以外の手段は用意されていません。

ぶち猫さん

ぶち猫さん
大手キャリアの場合には、口座振替やリアル店舗の窓口での支払いなど、色々用意されていたわよ。
きんぎょ君

きんぎょ君
格安SIMの場合は、契約手続きもネット上で行うために、厳密な本人確認が重要となります。そのためクレジットカードの信用情報を利用しているのです。

 

そのために、自分のクレジッドカードを持っていない人は契約ができないのです。学生さんや自営業の方の中にはカードを用意できない方もいるようです。

 

1-2 本人確認書類

平成18年より実施されている「携帯電話不正利用防止法」により、携帯電話やスマホの契約時または譲渡時には、契約者の本人確認が義務付けられるようになりました。

IIJmioでも、「音声通話機能付きSIMカード」の契約時には、本人確認書類の提出が必要になります。

ぶち猫さん

ぶち猫さん
音声通話機能付きだけなの?
きんぎょ君

きんぎょ君
今の所、そのような決まりになっています。データ通信専用SIMの契約には、本人確認書類を求められません。

 

一昔前なら、公的証明書のコピーを郵送するところですが、IIJmioの申し込みでは画像データのアップロードという手段をとります。現在スマホを利用されている方なら、端末で写真を撮りそのデーターを登録すればOKです。

利用できる公的証明書は以下の通りです。

 

1-3 インターネット接続環境

IIJmioへの申し込みは、スマホやパソコンからネット経由で行います。そのために今すぐに利用できるネット環境が必要になるのです。

ぶち猫さん

ぶち猫さん
今使っているスマホならあるわよ。
きんぎょ君

きんぎょ君
スマホから申し込みをすることは可能です。しかし、申し込み後に、APNの設定を行う時には、以前の契約は解約されるために使えなくなっています。

スマホ以外に自宅wifiなどの、ネット環境が必要になります。

 

1-4 連絡先メールアドレス

今では多くの方がフリーメールを使われているので、いまさらという感じでしょうが、キャリアメール以外に連絡がつくメールアドレスが必要です。

現在使われているキャリアメールは、MNP手続きが完了後には利用できなくなってしまうので、キャリアメール以外で用意する必要があります。

IIJmioの申し込み時に、そのアドレスを登録する必要があるので、早めに準備しておきましょう。

 

1-5 MNP予約番号

新規で申し込むのであれば、必要ありません。

今使っている電話番号を変えたくないのであれば、MNP予約番号を用意しましょう。

契約中の大手キャリアに申し込めば、すぐに発行されます。

ただし、MNP予約番号には有効期限があります。発行後2週間程度しか使えません。2年縛りの解約月のことも考慮して、手続きのスケジュールを立てるようにしましょう。

 

 

上記が用意できない時には

2-1 クレジットカード

クレジットカードは、必ず本人名義にする必要があります。

もしそれが用意できない時には、用意できる方のファミリーになる方法があります。具体的には、お父さんやお母さんとファミリーを組めば良いのです。

IIJmioでは、ファミリーを組むためには名義を揃える必要があります。大手キャリアでMNP予約番号を発行する前に、自分のスマホ契約の名義をファミリーを組む方に変更する必要があります。

 

2-2 インターネット環境

一人暮らしの学生さんなど、どうしてもスマホ以外のネット環境が用意できない方もいるかもしれません。

申し込みと、その後の手続きさえ完了すればスマホが使えるようになります。そのためだけにネット回線を用意するのは勿体無いでしょう。

ネット環境は、街中のフリーwifiでも、大学の学生用ネット回線でも構いません。スマホをwifi経由でネットに繋ぐことができれば良いので、身の回りを探してみましょう。コンビニやスタバのフリーwifiで十分です。

 

その他必要なもの

3-1 スマホ端末

IIJmioでは、回線とスマホ端末をセットにしたサービスも提供しています。もちろん、今お使いの端末をそのまま利用することも可能です。

ただし、今お使いの端末がIIJmioの回線に適合しているのか、事前に確認する必要があります。

docomoやauのショップで購入された比較的新しい端末であれば問題ないでしょう。ただし、物によってはSIMロックの解除手続きが必要な場合があります。スマホ経由でご自身で操作されると、費用もかかりませんので、早めに確認するようにしましょう。

 

3-2 SIMカードサイズの確認

IIJmioの申し込み時に、SIMカードのサイズを登録する必要があります。契約後に必要であればSIMカードの変更は可能です。しかし発行手数料と時間が無駄にかかってしまうので、今のうちに確認しておきましょう。

きんぎょ君

きんぎょ君
auの回線を利用する、タイプAを申し込むのであればフリーサイズのSIMカードが発行されます。そのため申し込み時には特別な登録は必要ありません。

 

まとめ

IIJmioをはじめ、格安SIMの申し込みに必要なものを確認してみましたが、いかがでしたか。 一般のサラリーマンなら特に難しいことはないと思われます。

学生さんや自営業の方など、一部の用意に時間がかかることもあるかもしれませんので、早めに用意するようにしましょう。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

スマホ費用 IIJmioとdocomoの違いは何? なぜ大手は高いのか

スマホ代が安くなると話題の格安SIM そもそも格安SIMってなに

IIJmioで使えるスマホは? 注意が必要なポイントとは

格安SIMが安い理由は何 安い代わりに無くなるサービスとは