IIJmioとOCNモバイルONEを徹底比較 人気の格安SIMを選ぼう

 

格安SIMに切りかえを検討している時に、どこのキャリアにするか迷いますよね。

そんな方のために、人気のキャリアを徹底的に比較していきます。今回は、特に人気の高い『IIJmio』『OCNモバイルONE』を徹底比較していきます。あなたの格安SIM選びの参考にしてみてください。

ぶち猫さん

ぶち猫さん
比較内容は2018年6月時点の内容よ。

 

比較項目

きんぎょ君

きんぎょ君
この記事では下記の項目について比較していきます。
  1. 料金プラン
  2. 最低利用期間と違約金
  3. 速度制限
  4. 通話料割引制度
  5. 大容量プラン
  6. シェアプラン
  7. 独自のサービス

1-1 料金プラン

『OCNモバイルONE』には、他社で一般的である「月間データ容量で料金が決まるコース」以外にも魅力的なコースが用意されています。

1日単位で通信容量を決める「日割りコース」や、低速通信をたくさん利用できる「低速大容量コース」です。

一覧で『IIJmio』と月額料金を比較してみましょう

データ通信専用 通話機能付き
IIJmio ONCモバイルONE IIJmio(A,D) ONCモバイルONE
日割コ|ス 110MB/日 900 1,600
170 MB/日 1,380 2,080
標準コ|ス 3GB 900 1,100 1,600 1,800
6GB 1,520 1,450 2,220 2,150
10GB 2,300 3,000
12GB 2,560 3,260
20GB 4,150 4,850
30GB 6,050 6,750
低速コ|ス 500kbps
15GB/月
1,800 2,500

 

ぶち猫さん

ぶち猫さん
標準コースでは『 IIJmio 』との金額差はほとんどないわね。
きんぎょ君

きんぎょ君
『IIJmio』では、大容量オプションとして用意しているために、コース設定は3つだけとなっています。
それより、『OCNモバイルONE』の標準コース以外の内容が気になりませんか?

『OCNモバイルONE』では『標準コース』以外にも、『日割コース』と『低速大容量コース』が用意されています。それでは、OCNの特徴的な2つの料金コースについて詳しく見てみましょう。

日割コース

『1日単位で通信容量を決めるコース』で、たとえ通信制限にかかったとしても、翌日には解除されるという特徴があります。

ぶち猫さん

ぶち猫さん
1日で110MBということは、単純計算なら1ヶ月で3GB程度になるわね。

 

一般コースよりも若干割安な料金設定で、おおむね同程度のデータ量が使えるということでしょうか。

しかし、スマホユーザーのほとんどは、日々に使用するデータ量にムラがあるはずです。すなわち、動画の視聴などでまとまったデータ量を使うとすぐに通信制限がかかると言うことです。

少しデータ量を増やした170MB/日のコースと2つの設定がありますが、かなり利用者を選ぶコース設定のようですね。

 

低速大容量コース

『低速で、通常よりもたくさん利用できるコース』です。通信速度は500kbpsですが(それでも一般的な通信制限中の速度である、200kbpsよりはかなり速い)、月間の容量は15GBまで利用可能と、かなり多めに設定されています。

ぶち猫さん

ぶち猫さん
500kbpsってどの程度スピードなの?
きんぎょ君

きんぎょ君
格安SIMの一番速度が遅くなると言われている、平日の正午前後のスピードが1Mbps(1,000kbps)前後もしくはそれ以下です。
そのスピードの半分程度ですから、メールやSNSなどは問題なく使えるでしょうが、オンラインゲームや動画視聴には少しきびしいかもしれません。

 

通信速度はあまり必要としないけど、月間で見れば多くのデータ通信を行う方にはぴったりなコース設定です。

きんぎょ君

きんぎょ君
音楽のストリーミングやラジオの視聴、IP電話を多用されるような方向けなのでしょうか。

しかも、『OCNモバイルONE』の場合には、「050plus」のIP電話はカウントフリーです。通話にかかるデータ通信は容量を消費しません。

 

1-2 最低利用期間と違約金

大手キャリアから格安SIMに切り替える理由として多いのは、『2年縛り』の存在があげられます。

2年間、解約に対して違約金が掛かるだけでなく、2年後以降も契約期間が自動更新されるため、思うように解約ができないことが社会問題になっています。

格安SIMには『2年縛り』はないと言われていますが、それでも最低限のルールは設けられています。

『IIJmio』と『OCNモバイルONE』の解約に対するルールについて比較して見ましょう。

IIJmio OCNモバイルONE
最低利用期間 利用開始月の翌月末日まで 「音声対応SIMカード」には、利用開始月を1ヵ月目として6ヵ月目までの最低利用期間が設けられています。
解約金

「音声通話機能付きSIMカード」の場合のみ、契約から1年以内の解約には、利用期間に応じた「音声通話機能解除調定金」(最大12,000円 (税抜))が発生します。

ただし、1年経過後に更新されることはありません。

最低利用期間中に音声対応SIMカードを解約される場合、解約違約金(8,000円(不課税))がかかります。
MNP転出手数料 3,000円(税別) 3,000円(税別)

 

ぶち猫さん

ぶち猫さん
『IIJmio』の1年間に対して、『OCNモバイルONE』は 契約後6ヶ月間は解約金が必要になるわけね。

期間に違いはあるものの、音声通話SIMの場合には最低利用期間が設けられており、その期間の解約には違約金が必要になるようです。ただし、最低利用期間に更新はないので、期間の経過後はいつでも自由に解約ができるようになります。

 

1-3 速度制限

どこのキャリアと契約していても、データ容量を超過すると月末まで通信制限がかかります。

これは大手キャリアでも格安SIMでも同じ仕組みです。

しかし、月間データ容量以外にも制限事項があるのでしょうか。一覧で比較してみましょう。

IIJmio OCNモバイルONE
低速通信での制限 200kbpsの通信が3日間で366MBを超えた場合、4日目に当該SIMカードの通信速度を制限する場合あり。 なし
高速通信での制限

タイプAの場合のみ、クーポンのON/OFFに関わらず、直近3日間あたりの通信量6GBを超えた場合に通信速度の制限を行う場合あり。

なし
その他

・通信規制の解除方法

200kbps通信での制限は、クーポンが残っている場合、ONに切り替えることで通信規制中であっても高速通信が可能です。
また、翌月になれば各プランに応じたバンドルクーポンが付与されるため、再び高速通信を利用することができます。

クーポンが枯渇し、かつ即時の高速通信をご利用希望の際は、クーポンを追加購入することができます。

なし
ぶち猫さん

ぶち猫さん
『OCNモバイルONE』には、月間容量以外には通信制限が存在しないのね。すごいじゃない。
きんぎょ君

きんぎょ君
『IIJmio』における、高速通信の3日間6GB制限はタイプAのみです。タイプDには制限がありません。

 

1-4 通話料割引制度

「格安SIMにはかけ放題プランがないから、通話料が高くなるよ。」

といった噂を聞いたことはありませんか。

ぶち猫さん

ぶち猫さん
それは完全な誤解ね。
きんぎょ君

きんぎょ君
たくさん通話される方には当てはまるかもしれません。大手キャリアに設定されている「完全かけ放題」のプランが存在しないからです。

 

しかし、平均的な使い方ならそれほど心配することはありません。各種割引制度が用意されているからです。

 

IIJmio OCNモバイルONE
標準の通話料 20円/30秒 20円/30秒
専用アプリ利用

みおふぉんダイアル

専用アプリ『みおふぉんダイアル』から発信すれば、通話料半額。

10円/30秒

OCNでんわ

専用アプリ『OCNでんわアプリ』から発信すれば通話料が50%割引。

10円/30秒

かけ放題プラン 2つのプランを用意

 

 

『みおふぉんダイアル』との併用が利用条件。

10分以内(または3分以内)の通話が、回数に制限なく無料になります。さらに家族間通話なら、30分までの通話が無料になります。

3つのプランを用意

『OCNでんわアプリ』との併用が条件。

850円/月で、10分以内の通話が、回数に制限なく無料になります。

850円/月で、その月の国内通話料金上位3番号への通話料が無料になります。

1,300円/月で、上記2つのサービスをまとめて受けることができます。

ファミリー通話割引

同一ID間の通話なら、通話料20%off。『みおふぉんダイアル』と組み合わせれば、最大60%off。

かけ放題プランと組み合わせれば、最大30分までの家族間通話が、通話料無料。

設定なし

 

きんぎょ君

きんぎょ君
各種通話料割引サービスが用意されていることが伝わりましたか。これなら通話料で心配することはなさそうです。
ぶち猫さん

ぶち猫さん
OCNの、通話料金上位3位分が無料になるサービスはいいわね。

かけ放題オプションは、比較的単価の高いオプションです。そのため、月間の通話時間が40分を超える方に対するサービスであるとしています。それ以下の通話しかしない方には元が取れないようです。

 

1-5 『IIJmio』の大容量プラン

『IIJmio』では、12GB/月のデータ容量が利用できる『ファミリーシェアプラン』が、プランとしての最大データ容量となっています。

しかし、それ以上の容量を必要としている方向けに、『大容量オプション』を用意しています。

ぶち猫さん

ぶち猫さん
大容量は、毎月必ず必要では無いことが多いので、『必要な時にだけ手軽にセットできる』オプションとして設定しているのね。
きんぎょ君

きんぎょ君
そうなのです。プランの変更なら手続きの翌月から適用されるのですが、オプションなら申し込み後すぐに適用されます。変動の多い大容量の利用に対して調整しやすいように、『IIJmio』ではオプション扱いとしているのです。

 

 

オプションは追加クーポンと違って、申し込み後は解約手続きを行うまで有効です。毎月必要な方には、面倒な手間を掛けなくても毎月大容量が利用できます。

データ容量が足りない時には、月の途中からでも追加することができ、そのまま翌月以降も必要な方には、大容量のプランを契約しているかのように、手間いらずに継続利用ができる。

これが『IIJmio』が大容量をオプション設定しているメリットなのです。

 

1-6 『IIJmio』のシェアプラン

『IIJmio』の特徴の一つに、ファミリーシェアプランがあります。このプランならSIMカードを最大10枚まで利用することができます。

家族のスマホだけでなく、タブレットやノートパソコンにもSIMカードをセットできるので非常に便利です。

また、それ以外のプランでも400円のSIM追加費用を払うことで、最大2枚まで利用することができます。データ容量はシェアする必要があるので沢山使えませんが、その分月々のスマホ費用を抑えることができます。

 

通話料が割引になる「ファミリー通話割引」などもあるので、家族で契約するのであればIIJmioの方が便利でお得になるかもしれません。

 

1-7 『OCNモバイルONE』の独自サービス

大手キャリアでは、キャリアメールが用意されていまいた。それが、格安SIMに移行すると利用できなくためにyahooやgoogleなどのフリーメールを利用される方が多いのですが、『OCNモバイルONE』では独自の「OCNメール」が利用可能なのです。

xxxxxxxx@xxxx.ocn.ne.jp のような形式のアドレスが無料で利用できるので嬉しいですね。

 

『OCNモバイルONE』とは

IIJmioについては、別の記事にまとめていますので、参考にしてください。

≫ IIJmioとは

2-1 OCNとは

OCNとは、NTTコミュニケーションズが運営する日本最大規模のISP(インテーネットサービスプロバイダ)事業の名称です。

そのOCNが展開するMVNOの名称が『OCNモバイルONE』であり、NTTコミュニケーションズとの関係から、NTTdocomoと特別な関係があるのではないか、と噂が絶えません。

docomoはその噂を否定していますが、SoftBankのY!モバイルや、auのUQモバイルのように、他の事業者よりも優遇しているのではないかと見られています。(実際にはわかりません。)

 

2-2 業界シェア

MMD研究所が、15歳~69歳の男女を対象に2018年2月16日~2月22日の期間に行なった調査です。

「2018年3月格安SIMサービスの利用動向調査」

 

上記結果からも、多くのユーザーからの支持があり、特に人気が高いことが伺えます。NTTコミュニケーションズの電気通信事業者としての実績には疑問の余地がなく、MVNOとしての事業も独自の料金プランを打ち出すなど、工夫が見られます。

『IIJmio』と『OCNモバイルONE』のどちらに魅力を感じるか、あなたのスマホの使い方次第だと言えそうです。

 

まとめ

『IIJmio』と『OCNモバイルONE』について詳しく比較してきましたが、いかがでしたか。

『IIJmio』は、docomo回線とau回線から自由に選ぶことができる反面、『OCNモバイルONE』はdocomo回線の一択です。その分料金プランには多くの選択肢があるので、どれにするのか迷いそうですね。

あなたの格安SIM選びの参考になれば幸いです。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

IIJmioとBIGLOBEモバイルを徹底比較 人気の2社を検証

IIJmioとmineoを徹底比較 人気のMVNOの違いをまとめる