IIJmioはSIMフリーiPhoneXを新規購入した時でもお得なのか

 

格安SIMに切り替えたらスマホ代がお得。と言われるけれども、なんだかしっくりこない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ぶち猫さん

ぶち猫さん
大手キャリアでスマホ本体を購入すると、大幅な割引があるわよね。IIJmioではどうなの?
きんぎょ君

きんぎょ君
IIJmioでもスマホ本体の取り扱いはあります。しかし最新の人気機種ではないですし、iPhoneの取り扱いもありません。

現在使用中の端末分割代金を2年かけて払い終わったタイミングで格安SIMへMNPすれば、その後の月々スマホ代が安くなるのは当然です。だってスマホ本体の支払いがないのですから。

しかし、その端末が永遠に使えるわけではありません。手持ちの端末が寿命を迎えた時にはいったいどうなるのでしょう。そんな時でも本当に格安SIMがお得と言えるのでしょうか。

 

実は、IIJmioでの契約が安いのは、手持ちの端末を継続使用する時だけではありません。SIMフリー端末を新規で購入して利用する時でもやっぱり安いのです。それについて、いろいろ場合分けをしながら検証してみましょう。

 

一人で契約する場合

独身の若者が、おひとりで契約される場合のシュミレーションです。

1-1 大手キャリアでの3年間の月々スマホ代(一人)

docomoのサイトから抜粋

docomo 月間データ容量 話し放題無料時間 解約違約金
25か月目以降  5,940円/月 2GB(繰越なし) 5分以内通話無料 10,260

docomoでiPhoneXを購入した場合のシュミレーション結果です。

端末の支払いがある初めの2年間は8,775円/月で、3年目から5,940円/月になることが分かります。

 

1-2 IIJmioでの3年間の月々スマホ代(一人)

IIJmioではiPhoneの取り扱いがないため、SIMフリーの端末を手に入れる必要があります。今回のシュミレーションではApple Storeで新品を購入すると仮定すると、24回払いで月々の端末代金は5,076円/月となります。

IIJmioへの月々の利用料金はどうなっているのでしょうか。

タイプDで考えてみると、こんな感じです。

IIJmio 月間データ容量 話し放題無料時間 解約違約金
25か月目以降  2,624円/月 3GB(繰越あり 10分以内通話無料 なし(2年目以降)
IIJmio ミニマムスタートプラン 音声通話機能
付きSIM
かけ放題オプション
2,624円/月
の内訳(税込)
3GB(繰越あり)
972円
756円 896円

 

IIJmioでは、1年目も3年目も月々の料金に変わりはありません。ただし、iPhoneXを24回払いで購入したのであれば、初めの2年間は端末代金の5,076円/月が上乗せされます。

 

1-3 結果

端末代込みの月々支払金額をまとめてみましょう。

 (税込み) docomo IIJmio 差額
1~2年目 8,775円/月 7,700円/月 1,075円/月
3年目以降 5,940円/月 2,624円/月 3,316円/月
3年間合計 281,880円 216,288円 65,592円

 

ぶち猫さん

ぶち猫さん
結局、IIJmioのほうが安いってことね。
きんぎょ君

きんぎょ君
ただ安いだけでなく、月々のデータ容量もIIJmioのほうが1.5倍多くてかつ、余った分は翌月へ持ち越せます。無料通話時間もIIJmioの方が倍の10分間になっています。

すなわち、一人で契約するのであれば、端末の大幅値引きに関係なく月々の支払いも、トータルの支払金額もIIJmioの方が安いことが分かりました。それにしても、3年間で60,000円以上も差がつくのは大きいですね。

 

夫婦で契約をする場合

では、夫婦で契約する場合はどうなのでしょうか。同じようにシュミレーションしてみましょう。

2-1 大手キャリアで3年間の月々スマホ代(夫婦)

docomoのサイトから抜粋

※家族まとめて割は期間限定の割引です。(2018/5月末まで)

docomo 月間データ容量 話し放題無料時間 解約違約金
25か月目以降11,880円/月 5GB 5分以内通話無料 10,260/1人

docomoでiPhoneXを購入した場合のシュミレーション結果です。

初めの2年間は17,118円/月で、3年目から11,880円/月であることが分かります。この金額は夫婦2人分の合計金額です。

 

2-2 IIJmioでの3年間の月々スマホ代(夫婦)

同じように、Apple Storeで2台購入すると考えると、24回払いで月々の端末代金は5,076円/月×2台で 10,152円となります。

IIJmioの夫婦での金額を見てみましょう。

タイプDで考えてみると、こんな感じです。(ちなみにプランAでも差はありません。)

IIJmio 月間データ容量 話し放題無料時間 解約違約金
25か月目以降  5,377円/月 6GB 10分以内通話無料 なし(2年目以降)
IIJmio ライトスタートプラン 音声通話機能
付きSIM
追加SIM かけ放題オプション
5,377円/月
の内訳(税込)
6GB
1,641円
756円×2人
1,512円
432円 896円×2人
1,792円

 

はじめの2年間は端末代金の5,076円/月×2台で10,152円/月が上乗せされます。

 

2-3 結果

端末代込みの月々支払金額をまとめてみましょう。

 (税込み) docomo IIJmio 差額
1~2年目 17,118円/月 15,529円/月 1,589円/月
3年目以降 11,880円/月 5,377円/月 6,503円/月
3年間合計 553,392円 437,220円 116,172円

 

ぶち猫さん

ぶち猫さん
夫婦で計算しても、やっぱりIIJmioのほうが安いのね。
きんぎょ君

きんぎょ君
IIJmioの計算は、docomoのプランに合わせるためにミニマムスタートプランではなくライトスタートプランに、そして夫婦ともに通話定額オプションを付けています。そのあたりをもっと調整できるならさらに金額は下がります。

しかし、改めて計算結果を見てみると、スマホ代に3年で40万円以上かかると言われるとぞっとしますね。

 

家族4人で契約をする場合

最後に家族4人で契約する場合を見てみましょう。

3-1 大手キャリアで3年間の月々スマホ代(家族4人)

docomoのサイトから抜粋

※家族まとめて割は期間限定の割引です。(2018/5月末まで)

docomo 月間データ容量 話し放題無料時間 解約違約金
25か月目以降20,520円/月 10GB 5分以内通話無料 10,260/1人

docomoでiPhoneXを購入した場合のシュミレーション結果です。

初めの1年間は27,756円/月で、2年目は30,996円/月、3年目から20,520円/月であることが分かります。この金額は家族4人分の合計金額です。(2年目に金額が上昇するのは、学割がなくなるからです。)

 

3-2 IIJmioでの3年間の月々スマホ代(家族4人)

Apple StoreでiPhoneXを4台購入すると考えると、24回払いで月々の端末代金は5,076円/月×4台で 20,304円となります。

IIJmioの家族4人での金額を見てみましょう。

IIJmio 月間データ容量 話し放題無料時間 解約違約金
25か月目以降  9,804円/月 12GB 10分以内通話無料 なし(2年目以降)
IIJmio ファミリーシェアプラン 音声通話機能
付きSIM
追加SIM かけ放題オプション
9,804円/月
の内訳(税込)
12GB
2,764円
756円×4人
3,024円
432円 896円×4人
3,584円

 

はじめの2年間は端末代金の5,076円/月×4台で20,304円/月が上乗せされます。

 

3-3 結果

端末代込みの月々支払金額をまとめてみましょう。

 (税込み) docomo IIJmio 差額
1年目 27,756円/月 30,108円/月 ▲2,352円/月
2年目 30,996円/月 30,108円/月 888円/月
3年目以降 20,520円/月 9,804円/月 10,716円/月
3年間合計 951,264円 840,240円 111,024円

 

ぶち猫さん

ぶち猫さん
家族で計算すると、やっぱりdocomoの大幅割引には勝てないのね。
きんぎょ君

きんぎょ君
このシュミレーションでは、家族4人のうち子供2人にdocomoの学割が適用されています。1,500円/月/1人で合計3,000円/月の割引が1年間受けられるのがすごいですね。

これなら、端末代金の支払いが終わる2年間はdocomoで契約し、その後MNPする方がお得ですね。

きんぎょ君

きんぎょ君
それに、docomoなら

 

 

注意点

上記シュミレーションは、月々の費用をシュミレーションしているため、MNPにかかる費用やSIM発行手数料などは考慮していません。

また、月々の費用には上記以外に通話料やユニバーサルサービス料がかかります。

docomoのシュミレーションに計上されている「家族まとめて割」は2018年5月末までの期間限定キャンペーン割引です。

IIJmioでは、ファミリーシェアプランの場合は3名まで、その他のプランでは1人までしか同時にMNPができません。1か月以上時期をずらすことでファミリーシェアプランの場合は5名まで、その他のプランなら2名までMNPが可能です。

 

結論

IIJmioは、新規でSIMフリー端末を購入した時でも、大手キャリアよりも安く利用できることが分かっていただけましたか。

ぶち猫さん

ぶち猫さん
でもdocomo学割対象のお子さんが含まれる場合など、大型の割引が適用される時には注意が必要なようね。
きんぎょ君

きんぎょ君
ただし、docomoのような大手キャリアの契約には2年縛りが付いてきます。2年間は大変長い期間なので何かの都合で途中解約が必要になれば安くない違約金が発生します。このあたりも考慮すると、微妙な差かもしれません。

 

実際には、家族全員がそろって端末代金が10万円を超えるような最新型のスマホを同時に購入することは稀なケースでしょう。しかし、IIJmioでお得にスマホを利用する秘訣は、やはり同じ端末をできるだけ長く使う事だと思います。どのような端末を用意されるとしても、できるだけ新品を購入されたほうがいいのかもしれませんね。

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

あなたが必要とする月間データ容量は? 世の平均的な通信量から検証

IIJmioのスマホ料金は? 独特な利用料計算方法を詳しく紹介

IIJmioなら『みおぽん』で簡単にデータ使用量を節約できる!!

家族のスマホ契約をまとめて格安SIMへ IIJmioのファミリーシェアプラン

IIJmioのファミリーシェアプランの秘密 選ばれる意外な理由とは

IIJmioの「ケータイプラン」始まる 音声通話がずっと920円/月