IIJmioに乗り換える前に確認 SIMロックの解除は必要?

 

格安SIMへの乗り換えを検討する時に、SIMロックの解除はしたほうが良いのか迷っていませんか。あまり知られていませんが、大切なことは、乗り換え先の格安SIMでその端末が使えるかどうかだけではないのです。

SIMロック解除については、世間でもたびたび問題視されておりそのたびに規制内容が変更されてきました。2016年に総務省で策定されたガイドラインでは、キャリアの解約時には原則SIMロック解除となっているのですが、現実にはその手続きについて説明を行う程度となっている様です。

さて、IIJmioへのMNPを検討されている方にとって、SIMロック解除はした方が良いのでしょうか。

きんぎょ君

きんぎょ君
答えは、yesです。大手キャリアを解約される前に、できるだけSIMロック解除をおこないましょう。
ぶち猫さん

ぶち猫さん
なんで? docomoで購入した端末なら、SIMロック解除に関わらず『みおふぉん』が利用できるのよね。

 

実際にこの辺りがややこしくて悩まれている方は多いはず。それでは一つずつ確認していきましょう。

 

SIMロックとは

1-1 通信するためにはSIMカードが必要

スマホなどの通信端末は、単体ではwifi経由以外で通信することができません。そのため自宅の外でネットにつなぐにはSIMカードと呼ばれるICチップを挿入する必要があります。(キャリアごとに名称は違いますが、規格は同じものです)

きんぎょ君

きんぎょ君
大手キャリアで契約する時には、端末にセットされた状態で引き渡しを受けるため、契約者がSIMカードの存在を意識することは少ないかもしれません。
ぶち猫さん

ぶち猫さん
それなら、SIMカードを交換すれば、他のキャリアで同じスマホを使えるわけね。
きんぎょ君

きんぎょ君
そうは単純にいかないのです。

 

1-2 大手キャリアで購入する端末はSIMロックが掛かっている

日本国内で販売される通信端末は、ほとんどが大手キャリアのSIMカードとセットで販売された物です。そしてその端末にはSIMロックが掛かっています。

その理由は『大手キャリアの値引き戦略』のためです。詳しく見ていきましょう。

値引きの内容は、おおむねこんな感じです。

『購入する通信端末と一緒にうちの通信回線を2年以上2年単位で契約または更新契約してくれるのなら大幅値引き(またはタダに)するよ。』

 

スマホなどの機器類は、5万円程度から高いものなら10万円以上することがあります。それをタダにしてくれるならみん嬉しいですよね。

大手キャリアとすれば、そんな約束で機器類を大幅値引きして販売しているのですから、元が取れるまで他のキャリアに移られると困ってしまいます。その結果がSIMロックなのです。

SIMロックとは、通信端末が専用SIM以外では通信できない様に設定することです。

ぶち猫さん

ぶち猫さん
じゃあ、ある程度の期間が過ぎたらそのロックはどうなるの?
きんぎょ君

きんぎょ君
契約者が何もしなければ、SIMロックはそのままです。

つまり、何もしなければ他のキャリアのSIMカードを使えるようにはならないのです。これが問題視されているポイントです。

ぶち猫さん

ぶち猫さん
どうすればSIMロックの解除ができるの?
きんぎょ君

きんぎょ君
購入する時に約束した期間が過ぎた後なら、各キャリアのショップに持ち込むことでSIMロックの解除をしてもらえます。最近では、自分で端末を操作して解除することも可能になりました。

 

1-3 SIMロック解除すればどのキャリアでも利用できるの?

これは微妙な問題があります。

というのも、通信技術は日々進歩しており各キャリアで利用されている設備の規格もそれにあわせて更新されていきます。

各キャリアによってその更新時期にはズレがあるため、古い規格の技術を利用しているキャリアではそれに対応する通信端末を、新しい規格を利用しているキャリアではそれ用の端末をそれぞれ販売することになります。

きんぎょ君

きんぎょ君
要するに、キャリアで販売しているスマホの中には、そのキャリアでの利用に特化されたものが存在し、その端末の場合には他のキャリアで利用できなかったり、大きく利用範囲が限定されることがあるのです。

各大手キャリアでは、そこで取り扱っていた端末の詳しい対応状況についての情報を公開しています。気になる方は各自で調べて見ましょう。

 

SIMロック解除にかかる費用

ぶち猫さん

ぶち猫さん
ところで、SIMロックの解除には費用がかかるの?
きんぎょ君

きんぎょ君
かかる場合があります。

 

SIMロックの解除には色々な手段が用意されています。各キャリアによって微妙な差がありますがだいだい同じ様なものです。ここではdocomoの事情について解説していきましょう。

 

docomoでのSIMロック解除にかかる費用は3,000円です。

ただし、以下のケースの場合、費用が免除されます。

  • 2015年5月以降に発売された機種であり、My docomoのサイトからご自身で手続きを行なった場合
  • 2015年5月以降に発売された機種であり、ドコモケータイやドコモらくらくホン、キッズケータイなど一部の機種をドコモショップにて手続きした場合。

docomoと同様にほとんのキャリアで、ご自身で手続きを行えば費用が免除される仕組みがあります。詳しくは各キャリアのサービスにお問い合わせください。

ぶち猫さん

ぶち猫さん
免除、ってことはタダってことね。

 

SIMロック解除ができる期間

SIMロックの解除が可能な機種であれば、契約時に取り決めた期間が過ぎればいつでも手続きができます。

注意が必要になるのは、大手キャリアでの契約を解約後にSIMロックの解除を思い出した時です。

大手のキャリアでは、契約の解約後にはSIMロックの解除を受け付けていません。

ただし、docomoでは解約後100日以内なら受け付けてくれることがありますので、確認してみる価値はあります。ただし、その時には費用として3,000円が必要になりますので、できるだけ解約の前に手続きをされる様にオススメします。

 

IIJmioで端末を利用する時には

IIJmioホームページから抜粋

ざっくりと分類すると、docomoで購入した端末をタイプDで利用する時には、SIMロックの解除なしでも利用できます。

それ以外のほとんどのパターンではSIMロックの解除が必須となります。

 

しかし、それ以外にも問題はあるのです。

 

4-1 IIJmioは海外ローミング非対応

IIJmioのみおふぉんは海外ローミング非対応です。

ぶち猫さん

ぶち猫さん
海外への通話ができないの?
きんぎょ君

きんぎょ君
そうではありません。海外でスマホを使うことができないのです。

 

もう少し詳しく説明します。

みおふぉんで海外への発信はできます。『みおふぉんダイアル』の割引も適用されます。そして、海外での音声通話やSMSも利用できます。この点についてはプランDならdocomo、プランAならauのサービス対応エリアに準じます。

できないのは、海外での『データ通信』です。メールやSNS、その他アプリの利用やIP電話まで全てのデータ通信が利用できません。すなわちスマホの最も重要な機能が使えないわけです。

ぶち猫さん

ぶち猫さん
それは痛いわね。

 

しかしIIJmioでは対策を考えています。

 

4-2 IIJmioの『海外トラベルSIM』

海外に慣れている方なら、現地空港でプリペイド式のSIMを購入するなどの手段をご存知でしょう。その方が、日本の通信会社が用意するSIMで国際ローミングを使うよりもよっぽど費用が安く済みます。

しかし、たまにしか海外に出かけない一般旅行者にとって、購入から設定までハードルが高いのが現状です。

そこで、IIJmioでは日本で購入し、日本で設定できて、国内でサポートが受けられる『海外トラベルSIM』を取り扱っています。

14日以内で、データ容量500MB、SMS25通以内、通話時間30分以内で4,600円。

なかなかの物でしょ。

 

最大のポイントは『SIMフリー端末でないと使えないこと』です。たとえdocomoの端末でもSIMロックの解除がされていない端末では利用できません。

 

注意点

SIMロックの解除には、とくにデメリットはないとされています。ただ、スマホ内部のデータを書き直す操作であることに違いないので、SIMロック解除操作によってスマホの動作が不安定になる可能性はゼロではありません。

最低限、SIMロックの解除操作を行う前には必ず大切なデータのバックアップを取る様にしましょう。

 

まとめ

SIMロックの解除について見てきましたが、いかがでしたか。

数年前までは、大手キャリアのSIMロック解除に対する拒否感はとても大きなものでした。それは、自社の利益に大きく影響があると考えられていたからです。

しかし、総務省から「SIMロック解除原則義務化」の通達をうけ、2015年5月からは大きく状況が変わってきました。

今では大手キャリアで購入する端末は、基本的にSIMロックの解除ができる様になっています。また今後は大手キャリアを解約する時には自動的にSIMロックの解除が行われる様になるかもしれません。その様に総務省が指導しているからです。

ただし、現状ではそこまでSIMロックの解除は一般化しているとは言えないでしょう。知っている人だけが行うもの、程度の認識です。しかし、一旦大手キャリアを解約してしまうとSIMロックの解除はできなくなります。あとから思い出してもその手段がありません。

SIMロックの解除は意外にメリットがあることなので、大手キャリアを解約する前にぜひ手続きをされることをオススメします。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

フリーメールの作り方 IIJmioで使えるFreeMailを取得

docomoからIIJmioへMNPする方法 完全図解で徹底解説

IIJmioに決めた後の契約手続方法や設定方法の総まとめ

IIJmioへの申し込み方法 ウェルカムパックってなに?イオン・ビック

MNP予約番号を取る方法や注意点について|キャリア別に徹底解説

auからMNPする時に注意すべき事 初心者でも分かる簡単解説