IIJmioの「データ通信専用SIM」と「SMS機能付きSIM」の違い

 

IIJmioでは「音声通話機能付きSIM」以外にも、「データ通信用SIM」が用意されています。スマホのサブ機やタブレット、モバイルPCなどを自宅WiFi圏外で利用される方には大変好評です。

ところが一言に「データ通信用のSIM」と言っても、IIJmioでは2種類が用意されているため、自分の用途にはどちらを選べばよいのか迷いますよね。

そこで今回は、IIJmioの「データ通信用のSIM」として用意されている「データ通信専用SIM」「SMS機能付きSIM」について、それぞれの特徴を詳しく解説していきたいと思います。ご自身の利用環境に合わせて賢く選択する助けになれば幸いです。

 

「データ通信用SIMカード」と「音声通話機能付きSIMカード」の違い

格安SIM各社が貸し出すSIMカードには、大きく分けて「音声通話用SIM」と「データ通信用SIM」の2種類があります。

ぶち猫さん

ぶち猫さん
スマホで音声通話をする、つまり電話機としてスマホを利用するためには、「音声通話用SIM」が必要なのよね。
きんぎょ君

きんぎょ君
そのとおりです。それに対してデータ通信、つまりメールやネットへの接続には「データ通信機能」が必要になります。

 

「音声通話用SIM」には「音声通話機能」と「データ通信機能」の両方が組み込まれています。そのため「音声通話用SIM」にはそれぞれ090や080、070から始まる固有の電話番号が割り振られているのです。

それに対して「データ通信専用SIM」には「データ通信機能」しかありません。つまり電話番号が割り振られていないということになります。

ぶち猫さん

ぶち猫さん
ということは「データ通信専用SIM」をスマホに挿入しても、スマホを電話機としては利用できないということね。

 

「データ通信専用SIM」と「SMS機能付きSIM」の違い

さてIIJmioには、2種類の「データ通信用SIM」が用意されています。

  • 「データ通信専用SIM」・・・・900円/月~
  • 「SMS機能付きSIM」・・・・1,040円/月~

月額費用としては「SMS機能付き」のほうが若干高いようですが、この2つのサービスの違いについて正確に理解できていますか。

ぶち猫さん

ぶち猫さん
SMS機能付きなのだから、SMS機能が使えるってことよね。今どきSMSサービスって必要なのかしら。メールで十分な気もするけど・・・。

 

確かにSMSサービスは、個人間で頻繁に使う機能ではなくなりつつあります。というのも、メールやLINEなどの方がコミュニケーションツールとして便利になってきたからです。

きんぎょ君

きんぎょ君
思い出してみてください。SMSはメールアドレスを入力して送信するのではなく、電話番号を指定して送信しますよね。つまり、SMSサービス付きということは「電話番号が割り振られている」ことを意味するのです。
ぶち猫さん

ぶち猫さん
え、それなら「音声通話機能付きSIM」と同じって事?

もちろん「SMS機能付きSIM」と「音声通話機能付きSIM]は全く違うものです。「SMS機能付きSIM」にはSMS機能を利用するための電話番号が割り振られているのですが、スマホの電話アプリを利用する音声通話には対応していないのです。

ぶち猫さん

ぶち猫さん
「SMS機能付きSIM」には電話番号が割り振られていることは分かったわ。でも、それによるメリットってあるの?

 

スマホのネット接続だけが目的で、電話機能はいらない方にとっては「データ通信専用SIM」でも良さそうに感じますが、SMS機能があるとなにか良いことがあるのでしょうか。

きんぎょ君

きんぎょ君
結論から伝えると、SMS機能には大変重要な役割があります。次の項では、その役割について順番に説明していきましょう。

 

「データ通信専用SIMカード」の問題点

セルスタンバイ問題

意外に思われるでしょうが、SMS機能がない場合にはスマホの機種によってバッテリーの消耗が早くなる事がわかっています。特に「ファーウェイ」のスマホではその傾向が強いと言われています。

これは携帯を「電波圏外」に持ち出すと、常に接続可能な電波を携帯が探し続けるために、比較的バッテリーを消耗しやすくなるという現象と同じことなのです。

きんぎょ君

きんぎょ君
ただしこの問題は2015年頃に騒がれたために、その後各スマホメーカーが対応に乗り出しました。つまり機種によってはほぼ影響が無いレベルにまで改善されている物もあると言うことです。あなたが利用するスマホやタブレットの機種に依存する問題なので事前に調べる必要がありそうです。

 

SNSの認証ができる

LINEの認証にSMSが利用されていることをご存知ですか。その場合、登録する電話番号は050から始まるIP電話でも可能なので、もし「データ通信専用SIM」を刺す予定の端末でLINE認証をしたいのであれば、SMS機能がある方が手間が省けると言われています。

きんぎょ君

きんぎょ君
ただし、「データ通信専用SIM」を利用される方の多くは、タブレットなどで利用されます。つまり、それとは別に通話のためのスマホを持たれているので、LINEはそちらで利用されますよね。また、少し手間は掛かりますがFacebook認証も利用できるので、あまり大きなメリットとは言えないかもしれません。

 

iPhone/iPadでのLTE通信問題

IIJmioの場合、iPhoneやiPadで「データ通信用SIM」を利用する場合には、iOSによってはLTE通信に問題が出る場合が確認されています。

きんぎょ君

きんぎょ君
LTE通信が利用できなければ、データ通信速度に大きな影響が出ることになります。また、たとえ通信ができたとしても画面上には常に「圏外」の表示が表示されるため、ひと目で電波状況が確認できない事が不便に思われるかもしれません。

 

問題が確認されたiOSのバージョンはiOS7およびiOS8です。現時点で最新のiOS12について特に問題は報告されていませんが、今後どうなるのかはわかりません。心配な方は「SMS機能付きSIM」を選択される方が無難かもしれません。

 

IIJmioには、Docomoの電波を利用する「タイプD」と、auの電波を利用する「タイプA」から自由に選択できるようになっています。(利用する端末が対応している場合)しかも、すでに「タイプD」の「音声通話機能付きSIM」を契約中の方でも、「タイプA」の「データ通信用SIM」を追加し月間通信量をシェアすることが可能なのです。

 

「タイプA」なら自動的に「SMS機能付きSIMカード」になるよ

実は「タイプA」の「データ通信用SIM」には「SMS機能付きSIM」しか用意されていません。しかもその月間利用料は「タイプD」の「データ通信専用SIM」の金額と同じ設定です。

きんぎょ君

きんぎょ君
つまり、「データ通信用SIM」を利用する端末がタイプAに対応している場合に限られますが、「タイプA」を選択すれば自動的にSMS機能がついてくるということになります。これは嬉しいですね。

 

細かな違いを挙げると、初期費用として「SIMカード発行手数料」が掛かります。その金額は、「タイプD」の場合には394円/枚、「タイプA」の場合には406円/枚と僅かに差がありますが、契約時に1回だけ支払う費用であるためにあまり気にされる方は多く無いでしょう。

 

「タイプA」には、「タイプD」にはない「通信制限」のルールが存在する

「タイプA」を選択すれば、SMS機能がついてくる事は嬉しいのですが、実は「タイプD」には存在しない「通信制限」のルールが「タイプA」には用意されています。

 

ぶち猫さん

ぶち猫さん
3日あたり6GBを超えると通信制限がかかるということね。これって、タイプDにはない項目よね。
きんぎょ君

きんぎょ君
このルールは「タイプA」が利用するauの独自ルールであるために、「タイプD」には適用されないのです。ただし1日で1GB以上の通信を連日行うという事は、月間のデータ通信量が相当な量になるヘビーユーザーという事になります。そのような使い方を想定されている方は「タイプD」を選択するほうが良いのかもしれません。

 

ちなみに、通信制限はSIMカードごとに集計された結果であるため、「データ通信用SIM」の通信制限期間はスマホのテザリングにて対応することも可能です。ヘビーユーザーの方はどちらが自分の使い方に適しているか検討してみてください。

 

まとめ

IIJmioの「タイプD」に、2種類用意されている「データ通信用SIM」についてまとめてみましたが、いかがでしたか。

ちなみに筆者はファミリーシェアプランに複数の「タイプD、音声通話機能付きSIM」と「タイプA、SMS機能付きSIM」を契約しています。1日のデータ使用量が1GBを超えることが稀にありますが、連日ということは殆ど無く、今まで通信制限に掛かるような経験はありません。

テザリングは意外に面倒であり、自宅外でタブレットを利用される方にとって「データ通信用SIM」はとてもありがたいサービスです。IIJmioのファミリーシェアプラン利用の方なら「追加SIM利用料」として400円/月の負担で利用できるので、ぜひ参考にしてください。SMS機能を付けるのであれば「タイプA」がお得です。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

IIJmioの『スマホの操作サポート』とは APN設定も任せて安心

IIJmioはマルチキャリア docomo回線やau回線でもOK

IIJmioエコプランとは|利用が少ない人向けに端末セットプラン

IIJmioなら、無料アプリ『みおふぉんダイアル』で通話料が半額

IIJmioの『つながる端末補償』とは 代替え機のレンタルも無料

IIJmioはタイプA(au回線)でもiPhoneでテザリングができる