【超まとめ】IIJmioの特徴とは 格安SIMって大丈夫なの?

このサイトは、格安SIMには興味があるのだけれども、大手キャリアからの切り替えにはちょっとためらいがあるという方に、IIJmioオススメするサイトです。

あなたは現在の携帯料金に納得されていますか? 2年縛りの仕組みはどうですか? 端末料金の支払いが終わっても月々の料金が変わらないことが理解できますか?

ぶち猫さん

ぶち猫さん
たしかに携帯料金って高すぎるわよね?
きんぎょ君

きんぎょ君
大手キャリアが高いのは当然です。金額に見合う品質を提供しているわけですから。

 

あなたが格安SIMを検討し始めたということは、上記のような不満があるからだと思います。

たしかにMVNOは格安SIMと呼ばれるだけあり、その月々の料金は魅力的でしょう。ただし、料金が安いということは、当然デメリットもあるということを知っておく必要があります。

それを理解せずに格安SIMへ乗り換えると、きっと後悔することになります。

ぶち猫さん

ぶち猫さん
デメリットってなによ?
きんぎょ君

きんぎょ君
この後じっくり解説します。

 

当サイトでは、格安SIMの中でも特にIIJmioの仕組みや魅力について分かりやすくお伝えすると共に、デメリットやそれに対する対策についても説明していきます。それらを総合的に判断した上で格安SIMへの乗り換えを決意するようにしてください。

 

ちなみに、月々の料金は確実に安くなります。

大手キャリア(docomoやau)の平均的な使用料は、一人あたりの月額で7,000〜8,000円と言われています。ところが、実際に我が家が1ヶ月に IIJmio に支払っている金額は、通話料から消費税まで全てまとめて(もちろん夫婦2人分で)4,000円弱です。一人平均2,000円前後というわけです。

ぶち猫さん

ぶち猫さん
年間で10万円以上も安くなるなら、格安SIMでもいいんじゃない?
きんぎょ君

きんぎょ君
一部の「超ヘビーユーザー」を除けば、IIJmioのサービスで不便を感じることは少ないと思います。

 

それでは順番に説明を始めましょう。

 

移動体通信の宿命的な弱点

携帯電話のような移動体通信は『移動できる』ことにより、どこでも使えることが魅力です。

ぶち猫さん

ぶち猫さん
移動できない携帯デンワなんて意味ないじゃん。

 

しかし、時折発生する「通信障害」が問題となります。どんなに高性能な端末を持っていても、通信できなければ価値がないですよね。そのため「通信障害」は少ない方がいいはずです。

ところが、通信障害はdocomoのような大手キャリアでも発生しているのです。

 

1-1 通信障害の主な原因

通信障害の主な原因は、通信の集中です。利用者の『利用時間帯』もしくは『利用場所』が集中することでネットワークに負荷がかかり発生するのです。

きんぎょ君

きんぎょ君
もちろん、物理的な機器類の故障や悪天候・災害が原因のこともあります。

 

電気通信事業者は、当然に余裕をもって施設を整備しています。しかし何かの事故やトラブルがきっかけとなり、局所的に利用者が集中した場合や、同じ時間帯に利用者が集中すると「通信障害」は発生するのです。

 

1-2 格安SIMは、大手キャリアより通信障害が発生しやすい?

格安SIM各社は、その通信回線をdocomoやauのような大手キャリアから借り受けてサービスを行なっています。

ぶち猫さん

ぶち猫さん
だから何なのよ?
きんぎょ君

きんぎょ君
そのため自前の通信施設のトラブルで障害が発生するだけでなく、大手キャリア側でトラブルが発生した時にも通信ができなくなります。

 

簡単にいえば、大手キャリアは自分以外の事業者のトラブルの影響は受けにくいのですが、反対に格安SIMの事業者は間違いなく大手キャリアの影響を受けてしまいます。

きんぎょ君

きんぎょ君
その結果「格安SIMは通信障害が多い」と評価されるのです。ある意味当然の結果でしょう。

 

また、格安SIM各社は大手キャリアより規模が小さいために『通信設備の余裕』の部分が確実に少なくなります。

きんぎょ君

きんぎょ君
たとえば、通常の通信に対して1割の余裕を持っているとすれば、100回線に対してなら10回線分、1万回線に対してなら1,000回線分が余裕の設備と言えます。同じ1割という割合でも、実際の回線数では大きな差になりますよね。

この『余裕』の差が実際に発生する通信障害の発生件数の差に出てしまうのです。

ぶち猫さん

ぶち猫さん
規模が大きいって事が『集中』に対して対応力が高いって事なのね。

 

まとめると格安simに切り替えたなら

  1. 確実に大手キャリアよりも通信障害に遭遇する確率は上がる。
  2. 比較的規模の大きい「格安SIM事業者」を選ぶことで、通信障害に遭遇する回数を極力減らすことができる。

ということです。

 

IIJmioとは

IIJは『株式会社 インターネットイニシアティブ』と言い、外資系を除けば日本で最初にサービスを開始した「インターネットサービスプロバイダ(ISP)」です。

ぶち猫さん

ぶち猫さん
ISPってなに?
きんぎょ君

きんぎょ君
インターネットの入り口で回線を繋いでくれる接続事業者です。インターネットには通信料がかからないのですが、その入り口で入場料みたいな料金を払って接続をしてもらう必要があるのです。いわば通行料ですかね。

 

そして、2008年に仮想移動体通信(MVNO)サービスをスタートし、その個人向けサービスを提供しているのがIIJmio』になります。ちなみに2018年には日本で唯一のフルMVNOとしてのサービスを開始しています。その契約回線数は、法人向けを合わせるとすでに200万件を超える、日本有数の電気通信事業者です。

ぶち猫さん

ぶち猫さん
難しい専門用語は興味ないわよ。
きんぎょ君

きんぎょ君
すみません、少しややこしくなりました。重要なポイントは『歴史のある通信事業者』であること。『規模が大きい』こと。そして『最近になって急成長したわけではないこと』です。

 

そうです。大切なのは通信の安定性です。歴史のある電気通信事業者であり、急成長で無理をすることもなく、安定して規模の大きな通信環境を維持しているからこそ、IIJmio の通信は比較的安定していると評価されているのです。

 

タイプA(au回線)と タイプD(docomo回線)がある

IIJmioの格安SIMには、タイプAとタイプDの2種類が用意されています。

大手キャリアが現在3社(docomo、au、softbank)ある中で、そのうち2社(docomo、au)の回線を選べるという事です。

 

3-1 タイプAの特徴

タイプAは、auの通信網を使ったサービスです。auから乗り換えを検討される方にオススメです。

月額利用料を見てみましょう。

IIJmioホームページから抜粋

月々のスマホ料金の支払いは、上記の基本料金に「端末の分割金額」と「通話料」がプラスされるだけです。(別途、消費税なども必要です。)

端末料金の支払いがなく、3ギガのミニマムスタートプランなら、合計で2,000円/月程度という事がよく分かります。

また、タイプAのデータ通信プランは、全てSMS機能付きでこの値段です。タイプDより少しお得ですね。

 

3-2 タイプDの特徴

タイプDは、docomoの通信網を使ったサービスです。docomoから乗り換えを検討される方にオススメです。

月額利用料を見てみましょう。

IIJmioホームページから抜粋

タイプDではSMS機能を選択すると、タイプAより少し高めの料金設定になります。音声通話機能付きなどは、全く同じ金額ですね。

 

3-3 どんな人に向いている

通信回線の安定性が特徴のIIJmioですが、実はもう一つの特徴として「ファミリーでお得」なプランが用意されている事が挙げられます。

ファミリーシェアプランの存在も目立ちますが、実はその他のプランでもSIMカードが2枚まで利用可能です。もちろん2枚のSIMカードを両方とも音声通話機能付きにすることが出来るのです。

ぶち猫さん

ぶち猫さん
2枚なら夫婦で分けられるわね。
きんぎょ君

きんぎょ君
大量にパケットを必要としない夫婦なら、かなりお得と言えるでしょう。もちろん3枚以上必要な家庭でも、ファミリーシェアプランは魅力的な料金設定です。

 

IIJmioの特徴やメリット

4-1 家族まとめて「ファミリーシェアプラン」

IIJmioでは、最大10枚までSIMを利用する事が可能です。(そのうち音声通話機能付きは5枚まで)これなら家族の携帯やタブレットを一括で管理する事が可能です。

テザリングはスマホ機種やプランによっては不可能な場合があり、なにより毎回の操作が面倒ですよね。追加SIMの費用は1枚400円なので、家族でたくさんの端末を利用されている方にはありがたいプランと言えそうです。

ぶち猫さん

ぶち猫さん
家族でまとめて携帯を管理するなら、IIJmioはオススメということね。

 

さらに、同一プラン内のタイプAとタイプDでデーター量を分けられます。マルチキャリア対応のIIJmioならではの仕組みですね。

IIJmioホームページから抜粋

 

4-2 IIJmioはとってもシンプル 2年縛りや自動更新もなし

大手キャリアでの契約なら、2年縛りや自動更新が一般的です。更新月以外のタイミングで解約を行うと1万円前後の違約金を支払う必要がありますよね。

さらに、機種変更をせずに契約を続けていても、初期割引適用外となることで次第に月々の料金が高くなることもあるようです。端末代金の支払いは終了しているはずなのにおかしいですよね。何より料金の仕組みが複雑すぎてよく分かりません。

 

IIJmioの場合はとってもシンプル。プラン料金と使った通話料だけです。セット販売のスマホ本体を購入した場合は、本体価格がかかりますが、支払いを終えるとその分だけ総支払い金額は下がります。

 

実は、IIJmioにも『最低利用期間』の設定があります。

きんぎょ君

きんぎょ君
利用を開始した月の、翌月の月末までは解約できません。
ぶち猫さん

ぶち猫さん
1ヶ月とちょっとじゃん。

 

ただし、『音声通話機能付きSIM』の場合は、契約後1年以内の解約には違約金に相当する費用がかかります。

算出方法は「(12ヶ月-利用開始月を0ヵ月とした利用月数)×1,000円(税抜)」です。

きんぎょ君

きんぎょ君
最短の解約なら1万円以上となりますが、あとは利用期間に応じて金額は下がる内容です。もちろん1年が過ぎれば、その後の解約に追加費用は必要ありません。

 

すなわち、更新月といった考え方は存在しないのです。

ぶち猫さん

ぶち猫さん
更新月って、気がついた時には過ぎているのよね。

 

4-3 通話料半額『みおふぉんダイアル』

IIJmioの契約者なら、お得な『みおふぉんダイアル』を利用できます。その結果20円/30秒かかる通話料が、半額の10円/30秒に割り引かれます。

大手キャリアのように、話し放題のプランがない格安SIMでは大変ありがたい仕組みです。

もちろん「050-」で始まるIP電話ではないので、相手には自分の電話番号が通知されるし、通話品質も問題なし。専用アプリが用意されているため、慣れれば違和感なく使えるでしょう。

きんぎょ君

きんぎょ君
みおふぉんダイアルは、IIJmioの契約者でないと利用できません。また、家族との通話は、ファミリー割引が適用されるので最大60%割引になります。

≫ IIJmioの『みおふぉんダイアル』とは

 

4-4 通話定額は『誰とでも10分以内なら無料になる』

『みおふぉんダイアル』には、『通話定額オプション』が用意されています。月々の費用がかかりますが、国内の誰とでも何度でも10分以内の通話が無料になるので、短い通話が多い方にはオススメです。

≫ IIJmioの『通話定額オプション』とは

きんぎょ君

きんぎょ君
お子さんの幼稚園や学校、習い事などの連絡で比較的短い通話が多くなることはありませんか。また、その時でも10分という長さが絶妙なのです。

ぶち猫さん

ぶち猫さん
5分以内なら無料、といったサービスは他社で見かけるけど、意外と5分を少しだけ超えることって多いのよね。


そうなのです。コールサービスや店舗への問い合わせ時には「少々お待ちください。」と2〜3分待たされることって結構多いですよね。

 

きんぎょ君

きんぎょ君
ちなみにこのオプションをつけると、家族間通話なら30分までの通話が無料になります。
ぶち猫さん

ぶち猫さん
仲良し夫婦にはぴったりね。

IIJmioホームページから抜粋

 

4-5 もちろんiPhoneも使える

タイプAでもタイプDでも、iPhoneは使えます。ただしiPhone6 以前の機種では使えない事があります。また、SIMロックの解除が必要なケースもあるのでよく確認しましょう。

docomoの端末をタイプDで利用する場合や、auのiPhone8以降の端末でタイプAの契約ならSIMロックの解除すら必要ありません。

IIJmioホームページから抜粋

 

4-6 大容量オプションあり。最大62GB

大量にデーター通信を行う方には大容量オプションが用意されています。家族で分け合う場合など、大容量が必要な方にも最適です。

+20ギガで3,100円、+30ギガで5,000円を基本プランに追加できるため、ファミリーシェアプランにセットすると、最大で62ギガまで利用可能となります。大容量オプションのイメージを見てみましょう。

単純にたくさんのプランを用意するのではなく、20ギガまたは30ギガを上乗せする仕組みなのです。組み合わせ方次第で選択肢が広がりますよね。

 

4-7 余ったデータ容量は翌月に繰り越せる

月末までにきっちりとデータ容量を使い切ることは難しいため、データ容量の繰り越しは重要です。

IIJmioでは、ひと月分だけですが余ったデータ容量を翌月へ繰り越す事ができます。このおかげで、毎月の容量をしっかりと使い切る事が可能となり、無駄がありません。

 

IIJmioの注意点やデメリット

IIJmioにもデメリットがたくさんあります。実際にどのような時に困るのかをまとめてみました。

5-1 auやsoftbankの端末はSIMロック解除が必要

利用端末によっては事前にSIMロックの解除が必要になる場合があります。

SIMロックの解除には端末を購入した大手キャリアに加入している必要があるので、解約の前に手続きを忘れないようにしましょう。その際に手数料が必要になる場合があります。

最近では、ご自身でロック解除の操作を行うことで費用をかけずに解除する事が可能です。

ただし、SIMロックの解除に関わらず利用できない端末もあります。

きんぎょ君

きんぎょ君
auの端末の場合、VoLTE非対応の端末は利用できません。

申し込みの前にしっかりと確認するようにしましょう。

≫ IIJmioの動作確認端末(IIJmioのサイトへ飛びます)

 

5-2 キャリアメールが使えない

ぶち猫さん

ぶち猫さん
格安SIMに変えたら、キャリアメールが使えないのよね。

このことはかなり有名になりました。そのためにyahoo mail や gmailを使えば良いのですが、実は最大のデメリットはこれだけではありません。

docomoやauのキャリアメールに対してmailを送れない事が多いのです。というか、ほとんど送れません。

 

きんぎょ君

きんぎょ君
迷惑メールの設定って覚えていますか?

そうです。キャリアメールでは迷惑メールの設定でPCメールからの受診を拒否されている方が多いのです。(ほとんど拒否してる?)

そのため、大手キャリアのアドレスを持つ友人にメールを送れなくなります。今の時代、他の連絡手段もあるのできっと困らないのでしょう。ただし、仕事でガラケーを使われている方は結構な確率でいらっしゃいます。仕事の連絡が滞るのはちょっと問題ですよね。これは意外な盲点です。(たいていはSMSで連絡が可能ですがね。)

 

5-3 通信速度が遅くなる

通信障害とまでは言わなくても、通信が込み合う時間帯はかなり速度が遅くなります。

代表的な混雑時間は、平日の12時-13時ですね。

サイトの表示にかかる時間が、体感でわかるくらい遅くなります。とはいえ、ほんの数秒待つ程度なので私としては問題には感じていません。しかしスマホの使い方次第ですよね。オンラインゲームをされる方にとっては致命的と言えるでしょう。

ぶち猫さん

ぶち猫さん
わたしは動画が途切れると嫌だなぁ。
きんぎょ君

きんぎょ君
大手キャリアの場合、無料で使えるwifiポイントが街中に多数あるのですが、格安SIMにはそれが期待できません。その辺りも大きなマイナスポイントですね。

エコネクトというBBモバイルポイントを使えるサービスはありますが、残念ながらこのサービスは有料です。

≫ 『IIJmio WiFi by エコネクト 』とは

 

はっきり言って、大手キャリアの通信スピードには絶対に勝てません。明らかに劣ります。それがこの価格差に現れているのです。それが許容範囲内と思えないのであれば格安SIMはやめておくべきでしょう。(ちなみに私の使い方ではほぼ問題を感じていません。)

 

5-4 通話が高め|かけ放題プランがない

大手キャリアのように、完全な「かけ放題」のプランがありません。これは回線を借りている大手キャリアが認めない限り今後もサービスが始まらないのでしょう。

ぶち猫さん

ぶち猫さん
大手キャリアの時は、かけ放題プランだったから通話時間なんて気にした事がなかったわ。
きんぎょ君

きんぎょ君
通話料金は、意外と高いものです。格安SIMの通話料は1分で40円です。それを割り引く各種サービスはありますが、毎日通話する人にとっては、結局かなりの金額になるのでしょう。

IIJmioでは、みおふぉんダイアルやLaLaコールのようなIP電話サービスがありますが、どれも一手間かかるので意外に面倒だと感じます。そもそも通話料が気になるならLINE通話やSkypeという手段を利用した方が安いです。

やはり便利で高品質なものにはお金がかかるのです。安さと一手間を比較して納得できる方でないと格安SIMは難しいと思います。

 

5-5 一部テザリングができない

私は、IIJmioのタイプDでdocomo端末のiPhoneを利用しているのですが、問題なくテザリングできています。ただし、端末によっては特にタイプAではテザリングができない事が多いので注意してください。

実際には、テザリングより追加SIMを400円で用意した方が便利だと思います。

 

5-6 リアル店舗でのサービスがない

大手キャリアで契約されていた方は、スマホについて分からないことは、各キャリアのサービスショップで相談されていたと思います。そのため、格安SIMのサービス体制は貧弱だと感じることでしょう。

格安SIMでは一部のサブブランドを除いて、リアル店舗でのサービスは皆無です。しかしネット上には、ほとんどの相談内容が解決できるだけの情報があふれています。また、IIJmioのサポートセンターもあります。(通話は有料)ほんの少し情報収拾の手間はかかりますが、格安との引き換えとお考えください。

 

まとめ

IIJmioの特徴についてまとめて来ましたがいかがでしたか。格安SIMでも大丈夫ということが伝わったでしょうか。

 

格安SIMのサービス内容は、大手キャリアと比較すると明らかに差があると言えます。それはある意味当然です。だって利用金額でこんなに大きな差があるのですから。

しかし、ご自身のスマホの使い方を考えた時に、これほど安くなる月々の利用料と比較しても我慢できそうにないデメリットがあったでしょか。

私が実際にIIJmioを利用している約3年間に、大きな問題は感じませんでした。そりゃ、大手キャリアには通信速度などの点で負けますけどね。友人と同時に同じサイトへアクセスしても、明らかに差があるのは事実です。しかし、比べれば差を感じますが、実用上問題とは思えません。

それよりも、3年以上IIJmioを利用すると『超お得な優遇サービス』が受けられるのです。これで、ますますIIJmioから離れられなくなりますね。

≫ IIJmioの『長得』とは

 

家族で複数の回線を利用されている方で費用を抑えたい場合や、比較的安定した格安SIMを納得の価格でお探しの方には、IIJmioは十分満足して使える品質であると思います。何より月々のスマホ料金が断然安くなると思います。

 

IIJmioについて興味がでてきた方は、他のページもゆっくりと時間のある時にご覧ください。その魅力について丁寧に説明しています。また、乗り換えの手続きは意外と簡単です。ただ、手順に注意が必要なこともあるので、慎重に行いましょう。その際は、当サイトの情報を参考にしてみてください。